あまみ徳之島だより › 美味しいもの › 徳之島のおいしいもの 夜光貝について

2017年03月31日

徳之島のおいしいもの 夜光貝について

今日は食べ物のお話
徳之島では南国ならではの貝(熱帯や亜熱帯に生息といわれる)
「夜光貝」という”食べておいしい・みがいてきれい”の貝がとれます。

かたちはサザエを大きくしたもの
中身の貝はお刺身やバター炒めにします。
外の殻は中の真珠層を磨いてアクセサリーに。

刺身もサザエほど固くなく食べやすくおいしいです!口いっぱいに磯の香りが広がる感じ。
(言葉足らずで申し訳ありません。)

貝が大好きな私にはたまらない。


殻はアクセサリーに使うことができます。大昔、なんと正倉院の宝物の飾りにも使われていたそうで 貝殻をはめ込んで模様を作っていく螺鈿(らでん)細工の原料です。

形をそのままいかしてランプシェードも売っています。


食べた後も こんなに価値のある貝なんですね。


Posted by マダム徳之島 at 17:12│Comments(0)美味しいもの
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。